読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガッチャさんのブログ

最近は読了本の備忘録になってます。

11月読了本

f:id:dayuhallelujah:20161127224223j:plain


10月に遊びに行った大阪市立科学館で上映していたプラネタリウム、『銀河鉄道の夜』を観て興味を持ったのがきっかけに購入しました。


著作権が切れていることもあり、Kindleで無料で購入できました。


捕まえた途端チョコレートになる鳥や瞬間移動する狩人などが出たりして、シチュエーションの理解にはとても難しい本でした。


その分想像力を働かせなくてはいけないので、不思議な世界観に飛び込んでいるような感覚で読むことができました。


f:id:dayuhallelujah:20161127224400j:plain


相変わらずこういったタイトルに弱く、見つけた次の瞬間にamazonでポチってました。


未来工業という会社の相談役の著書で、この会社の従業員の裁量は広いです。


改善のために取り組んでみたいことがあれば上司や会社の許可を得ずに実行することが許され、やってみてダメなら元に戻せばいいという考え方が会社に築かれてます。


正直この会社が羨ましいです。


f:id:dayuhallelujah:20161211214019j:plain


実は今年の4月からひっそりと読み進めていた本の8巻目。


アニメをたまたまYouTubeで観て、原作に興味を持って読み始めました。


普通の高校生がこんなに物事を考えて生きているとは思えませんが(少なくとも高校生時代の私はぼけ〜っと過ごしてました)、人の心理を細かく丁寧に書いていると思いました。


ぶっちゃけ主人公の八幡は絶対私より仕事ができると思います笑


f:id:dayuhallelujah:20161211214129j:plain


11月最後に読んだのは2つ目のシャーロックホームズシリーズ。前回読んだ『緋色の研究』とこの本の間に『四つの署名』というタイトルがあるらしいので、順番を飛ばして読んでしまってました。


本作は短編集になってまして、10個のストーリーが収録されています。


一番面白かったのは『唇のねじれた男』ですかね。特に意外性があって楽しめました。


ホームズはその人の身なりや歩き方、落としていった帽子などから、性格や近況、貧富の加減まで推理してしまう凄腕の探偵です。


この推理術に感銘を受けた私は、日常生活で道行く人のことをひっそりと観察して人となりを推理してみるのでした。